審美歯科で、より美しく、健康的な口元に

甲府のやすだデンタルクリニック TOP > 詰め物が取れた・銀歯が気になる 審美歯科

詰め物が取れた・銀歯が気になる 審美歯科

審美歯科で美しさと機能性を兼ね備えた歯へ審美歯科で美しさと機能性を兼ね備えた歯へ

院内イメージ

「詰め物が取れてしまった……」「銀歯が目立って気になる……」「歯を白くしたい・・・・・・」

「詰め物が取れてしまった……」
「銀歯が目立って気になる……」
「歯を白くしたい・・・・・・」

歯の黄ばみを白くする、ホワイトニングについてはこちら

このようなお悩みは審美歯科で解消できます。
詰め物・被せ物で、より天然歯に近いお口にすることができます。

また、審美歯科では、見た目だけではなく、機能的にも回復させることを考えた上で治療を行います。
取れてしまった詰め物は、そのままにすると患部から細菌が侵入するなど、事態を悪化させる可能性がありますので、なるべく早くご相談ください。

どんな詰め物・被せ物があるの?どんな詰め物・被せ物があるの?

ジルコニアオールセラミックジルコニアオールセラミック

ジルコニアオールセラミックイメージ

金属並みの硬さを誇る歯科素材です。
セラミックより硬く、奥歯にも使用可能です。
見た目が天然歯のように美しく、着色、金属アレルギーのおそれがないのが特徴です。

グラディアダイレクトグラディアダイレクト

まるで天然歯のような色調・透明性を再現できる詰め物です。
グラディアダイレクトはハイブリッドセラミックと一般的に呼ばれている素材で、ポーセレンの持つ硬く、もろいといった欠点をある程度克服し、従来のコンポジットレジンの強度、耐摩耗性を大幅に向上させた審美修復材料です。

PAGE TOP

メタルボンドメタルボンド

メタルボンドイメージ

金属フレームにセラミックを焼き付けた、強度が高く耐久性に優れた歯科素材です。
金属を使用しているため歯と歯肉の境目の色調が少し暗い感じになります。また比較的アレルギーの少ない白金(プラチナ)を使用しておりますが、金属アレルギーの方にはおすすめできません。セラミックなので経年的な着色はありません。

保険で出来る審美歯科治療保険で出来る審美歯科治療

アマルガム2次齲蝕を除去し歯と同じ色調のコンポジットレジン(歯科用プラスチック)を詰めて見た目と機能を回復します。保険が適用されます。

※アマルガムとは銀・スズ・銅などの金属を水銀に加えて作られた合金で古くから使用されている歯科材料ですが、近年ではあまり使用されていません。

Before
[写真]Before

→

After
[写真]After

PAGE TOP

保険診療と自費診療の違い保険診療と自費診療の違い

保険診療
同じ治療であれば、日本全国、どの歯科医院でも、同じ費用で最低限必要な治療を受けることができます。
同じ費用にするために、国によって細かく治療方法・治療回数・材料・薬剤などの条件が決められており、その制限の中で治療を行わなくてはいけません。
そのため、見た目を美しくする治療には保険適応がありません。
自費診療
材料や治療方法などにまったく制限がありません。
審美歯科治療では、たくさんの種類の材料が使われますが、より審美性に優れたものや耐久性に優れたものをお望みの場合は、患者様のご要望にあった素材を選ぶことができる自費での治療をおすすめします。

ずっと「きれい」を保つために――
メインテナンスの重要性
ずっと「きれい」を保つために――メインテナンスの重要性

きれいな口元の女性イメージ

審美歯科治療できれいな口元を手に入れたら、それで終わりではありません。その美しさを保つためには、自宅でのお手入れだけではなく、歯科医院でのお手入れを受けることも大切です。定期検診を受診し、しっかりと予防・メインテナンスをしましょう。

院長からメッセージ

みなさんは「金属アレルギー」という言葉をご存知ですか?
一般的にはアクセサリーなどでアレルギーの症状が出ることを言いますが、銀歯が唾液に溶けだして体内に取り込まれ、体内でアレルギー反応が起こって皮膚などに症状がでることもあるのです。

歯科用素材には金属を含んだものもありますので、素材を選ぶ際には最大限の注意を払っています。
金属アレルギーの患者様には、メタルフリーで金属を使わない治療をおすすめします。

PAGE TOP

山梨県甲府市|診療予約|やすだデンタルクリニック

あなたのお悩みはなんですか?
歯が痛い・歯がしみる 一般歯科
歯ぐきがはれる、血が出る 歯周病
子供の歯が心配 小児歯科
歯を白くしたい ホワイトニング
歯を失ったけどまた「噛みたい」 インプラント
虫歯・抜歯をしたくない 予防歯科
詰め物が取れた・銀歯が気になる 審美歯科
痛みの無い治療を 無痛治療への取り組み