見た目と機能を取り戻す、インプラント

甲府のやすだデンタルクリニック TOP > 歯を失ったけどまた「噛みたい」 インプラント

歯を失ったけどまた「噛みたい」 インプラント

しっかり噛める歯がよみがえるインプラント治療しっかり噛める歯がよみがえるインプラント治療

インプラントイメージ

インプラントとは、歯が抜けてしまった部分の顎の骨にチタン製の人工歯根を埋め込んで、その上に人工歯を被せる治療法です。
従来のブリッジや入れ歯に比べて、周りの歯を削る必要もなく、もっとも機能的・審美的に優れている方法とされています。

インプラントのメリットインプラントのメリット

インプラントは「失った歯を補うためのもの」と思われがちですが、実はもっと大切な役割があります。
それは「残った歯を守る」ということ。

失った歯の周囲の歯には、大きな負担がかかっています。
インプラント治療をすることによって、それぞれの歯に正しく負担がかかり、その結果、残っている周囲の歯を守ることができるのです。
これこそがインプラントのもっとも大きなメリットだと言えます。

インプラントイメージ
インプラント
入れ歯イメージ
入れ歯
ブリッジイメージ
ブリッジ

その他のメリットその他のメリット

歯を削る必要がない 周りの健康な歯を削る必要がなく、周りの歯を固定源にすることもないため、健康な歯にダメージがありません。
自然な見た目になる 金属部分は骨に埋まっているため外からは見えず、まるで天然歯のような自然な見た目に仕上がります。
固いものでも噛める 骨に固定されているためガタつくことがなく、固い食べ物でもしっかり噛んで食べられます。

噛めなくなると全身にも影響が!噛めなくなると全身にも影響が!

「噛む」「発音する」「食いしばる」、これらは日常生活における歯の大切な役割です。
しかし、1本でも歯を失ってしまうと、これらの機能が十分に発揮されなくなってしまいます。

また、歯を失うことによりできたスペースに隣の歯が移動して噛み合わせが乱れ、しっかり噛むことができなくなる可能性があります。
さらに、噛み合わせの乱れが身体全体のバランスにも影響し、顎関節症や肩こりの原因になることもあるのです。

PAGE TOP

当院のインプラント当院のインプラント

アンキロスインプラントアンキロスインプラント

アンキロスは、1985年Prof.G.H.Nentwig(フランクフルト大学)とDr.W.Moser(工学博士・チューリッヒ大学)らにより、インプラント周囲組織の長期的な安定をかなえるシステムとして開発されました。
セルフロック・テーパー接合から生み出されたプラットフォーム・シフティングという形状は、骨吸収の抑制に有効であると数多くの論文で証明され、開発から25年を経た今、インプラント治療の長期安定をかなえるシステムとして世界各国で高い評価を得ています。
またアンキロスはインプラント特有のアバットメント(土台)の露出による審美障害を起こさないための、メタルフリーの白いジルコニア アバットメントを使用する事もできますので、審美修復に適したインプラントです。

シムプラントシムプラント

当歯科医院では、CT検査により得られた画像をコンピュータで3次元画像に変換し、実際に埋入する予定のインプラントを3Dグラフィックス上でシュミレーションして、安全な領域に配置します。そのシュミレーションしたデータを基に安全性を第一に考え手術を行います。
シムプラントのシュミレーションで安全な位置に配置出来ない場合は手術は行いません。

シムプラントイメージ

GBR手術GBR手術

GBR手術イメージ

インプラント埋入部位の骨が一部足りない場合は骨補填剤(β-TCP)とコラーゲンメンブレンを使用し、足りないインプラント周囲骨を作る手術を併用する事があります。

ソケットリフトソケットリフト

上顎の臼歯部にインプラントを埋入する時に副鼻腔があり、十分な埋入深度が得られない場合は副鼻腔粘膜を持ち上げながら骨補填剤を注入してインプラントを埋入することがあります。
当院では副鼻腔を穿孔しないように安全にソケットリフトをする事ができるハッチリーマーという特殊なドリルで手術を行っております。

  • ソケットリフトイメージ01
  • →
  • ソケットリフトイメージ02
  • →
  • ソケットリフトイメージ03

滅菌設備滅菌設備

インプラント手術イメージ

当院では、インプラント手術を行うドクターとアシスタントは滅菌済みの使い捨て手術着と滅菌済みの使い捨てゴム手袋を着用し、清潔域(滅菌されている領域)を守り、徹底した滅菌体制で手術を行っています。

インプラントの症例インプラントの症例

インプラント治療の術後パノラマ
術後パノラマ画像

上部構造装着
ジルコニアアバットメント装着

→

ジルコニアアバットメント装着
上部構造(オールセラミックスクラウン)装着

→

インプラント治療終了
インプラント治療終了

院長からメッセージ

インプラント手術イメージ

「インプラントを入れたらそれで治療は終わり」と思っている患者さんは、意外と多くいらっしゃいます。
せっかく入れたインプラントを、長く、いい状態で使っていただくためには、定期的なメインテナンスが必要なんです。
状態がよければ3ヶ月に1回ぐらいの頻度で、患者様の状態に合わせて定期検診を行いますので、必ずご来院ください。

当院では、安心して治療を受けていただけるように滅菌もしっかり行い、シンプラントなどさまざまな設備を導入してインプラント治療を安全に行うための環境を整えています。
ぜひ安心してご相談ください。

PAGE TOP

山梨県甲府市|診療予約|やすだデンタルクリニック

あなたのお悩みはなんですか?
歯が痛い・歯がしみる 一般歯科
歯ぐきがはれる、血が出る 歯周病
子供の歯が心配 小児歯科
歯を白くしたい ホワイトニング
歯を失ったけどまた「噛みたい」 インプラント
虫歯・抜歯をしたくない 予防歯科
詰め物が取れた・銀歯が気になる 審美歯科
痛みの無い治療を 無痛治療への取り組み